Dr.Teruki(ドクター・テルキ)の英語学習法の特徴

勉強法を科学的に、また徹底的に考え、それに基づいて勉強したら、いくら努力をしても英語力が伸びなかった昔と違い、努力に応じて英語力が伸びるようになり、そのままネイティブレベルと言われるまでになる。

・言語学の第二言語習得理論などを研究する
・脳科学と言語習得の関連を調べる
・英語と日本語の音の違いを音声学などでしっかり知る
・ことばって何?って事をきちんと知る(言語学、哲学など)
・それらから、効率の良い英語勉強方針を探る
・もちろん、「害悪勉強法」は排除する
・それらをまとめて、応用し、メソッド化する
・それに従い、勉強する

1.まず、全ての英語の勉強をいったんやめて、ある事を徹底的に身につける。
2.次に、ある方針で段階的にリスニングを鍛える。
3.ここで音読を行い、単に音読をするのではなく、ある方針に沿って行う。(ここは時間がかかるプロセスで、ここを超えるとリスニング力が飛躍的にアップし、リスニング以外の分野の勉強も徐々に開始。)
4.もちろん、リーディングやライティング、文法なども順番に鍛えていく。それぞれ一番効率的な方法を用いる。
5.この期間、日本人の英語学習者ならほぼ90パーセント以上が行っているだろうある事を絶対に行わない。


<以下関連記事(整理中)>

・医師Dr.terukiが教える科学的英語勉強法講義から新TOEIC勉強方法まで英語学習教材をランキングして活用する. 英語勉強方法アドバイスで人を幸せにする。

・現役医師Dr.Terukiが確実に英語が上達する方法を公開内容とは?現役医師Dr.Terukiが10時間以上の音声ファイルにまとめた英語勉強法を紹介します。

・評価や結果を見ても隙のない内容のようです。

・確かに評判が良く評価の高いマニュアルはコレになりますね。

・TOEICが全く必要ない環境にいるためで、英会話力とライティング力も含め英語力はかなり高いレベルにあります。 Dr.terukiの英語能力を実際に知ってみるとこの英語勉強方法の効果がふんだんに生かされていると実感できます。

・少なからず効果があるのか考えてみようとおもいます。医師が教える英語勉強法の評判 実際に使った人から評判を聞きましたが効果抜群だそうですね.

・俣野晃希医師 (Dr.Teruki) が教える科学的英語勉強法講義で英語力が飛躍的に上達したという人が続出しています

・これだけやっているのに英語でテレビを見てみてもほとんどわからないし、英語のサイトを開いてもまったく書いていることがわからないので、このままこのように英語を勉強していても、永遠にできるようにならないんじゃないか?

・正しい英語の勉強方法を知らないと、一生英語ができない。 努力だけではだめ。 頑張れば・・・は、実はただの思考停止なんです。 どうすればよいのかを真剣に考えていない…。 正しい勉強方法を知っている・いないが人生を大きく分ける.

・俣野 晃希(Dr.Teruki)の提唱する科学的な英語勉強方法の全体像を紹介すると、 (1) まず、全ての英語の勉強をいったんやめて、ある事を徹底的に身につける (2)次に、ある方針で段階的にリスニングを鍛えていく (3)音読を行う。

・シンプルな英語で説明されると,意外に微妙な違いもすんなり飲み込めるもので日本語を介して勉強するよりも楽です。科学的な英語勉強法に興味がある.

・TOEICで900点を取るというと、 周りの友人たちは笑っていた。 しかし、私のTOEICスコアを 目にした彼らは・・・ 英語は全くダメだった 私が忙しい中どのように TOEICで920点取れるまで になったのか その秘密を全部お教えします.

・日本人が第二言語として英語を習得するためにはどうすればよいか?を徹底的に研究しました。 脳科学や言語学・音声学はもちろん、哲学の成果まで総動員して作り上げた英語学習方法をまとめた勉強法.

・著者いわく、日本で一般にされている英語の勉強法では、英会話学校も含め、まず英語はできるようにならないとのことです。

・現在、私は仕事(会社員)と家事と育児に追われ、英語を勉強する時間は 深夜しかないのですが、今度こそ本当の英語力を身につけるべく、推奨されている勉強法を実践していきたいと思います。

・受験のためだけに英語の勉強をされるのであれば、そのままでもいいでしょうが、 生涯使える英語を身につけるためにはやっぱりこちらがオススメです。

・発音のコツを掴むまで、日本語を話すコツを忘れて、まっ更な状態で英語とつきあうようにすれば、 誰でも発音はキレイになります。脳で日本語が思い浮かぶようだとダメです。英語は言葉にすぎませんから、音から入るのが一番です。

top Copyright (C) Dr.Teruki(ドクター・テルキ)の英語学習法. All Rights Reserved.